制約理論 (TOC) は、イスラエルの物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士により、組織の分析や管理、継続的改善、パフォーマンス予測といった分野に、「自然科学」の原則とプロセスをホリスティックな方法で適用することで開発されました。

自然科学で最も重要なのは科学の基本的な信念であり、TOCでは4つの柱として定義されています。

  1. 「全ての複雑なシステムは、本質的な単純さに支配されている」
  2. 「システム上の全ての対立(矛盾)は解決できる。もし誤った仮定を見つけることができたならば。」
  3. 「人間は善良である。」
  4. 自分たちの仮定を確認する必要があるという理解。TOCでは「自分は知っていると決して言わない。」

科学におけるこれらの信念の本質は、「チェーンの強さはその最も弱いリンクの強さによって支配される」という自明の理で要約されます。チェーンを強化し、システム全体のパフォーマンスを向上させたい場合は、その最も弱いリンクを見つけて強化する必要があります。このシンプルな「準拠法」を適用することで、私たちはシステム内で改善可能な多くの部分やプロセスおよび関係と、より多くの目標単位を得るために改善しなければならないごく少数のものとを区別することが可能になります。

TOCは30年以上の歴史の中で、ホリスティックな経営哲学へと進化しました。選択したテーマやシステムにおける更なる改善を実際に制限し妨げていることを探し出すことを可能にする一連の集中的かつ批判的な思考プロセスへと、全ての主要な利害関係者の賛同と積極的な貢献を実現する形で、これらの制限を克服するための必要かつ十分な解決策を特定し導入する方法へと進化しました。

TOCのアプリケーション、特定の包括的なソリューションは、以下のような機能領域を改善、管理するために必要かつ十分な制約に焦点を当てたルールを提供しています。

  • 製造、サプライチェーンのロジスティクスマネジメント (ドラム・バッファ・ロープ、補充ソリューション、ダイナミックバッファマネジメント)
  • プロジェクト管理 (クリティカルチェーンプロジェクトマネジメント)
  • 小売ソリューション
  • 財務および評価 (スループット会計)
  • セールス&マーケティング (断れないオファーの作成)
  • 事業戦略

TOCには、お客様特有の問題を分析し解決策を作成するために用いられる、以下の強力なツールがあります。

  • 集中の5ステップ
  • TOC思考プロセス (TP)
  • TOCスループット会計 (TA)
  • TOCのテクノロジーに関する6つの(必要かつ十分な)質問
  • TOCイノベーションプロセス (IP)

TOC創設者エリヤフ・ゴールドラット博士について

エリ・ゴールドラット博士は、教育者であり、著者であり、科学者であり、哲学者であり、ビジネスリーダーでした。しかしそれよりも彼は、他の人たちが考えることを促す、最初にして最高の思想家でもありました。博士は、組織と個人の役に立つ方法論を具体化した制約理論(TOC)を創設し、発展させました。博士は新しいマネジメントの方法論を開発した世界的に高名なビジネスリーダーであり、博士の仕事は、コンサルタント、学者、教育者、そして各国の数多くの企業により活用され、世界中に広がり続けています。

TOCのコンセプトは、世界的ベストセラーとなった博士のビジネス小説『ザ・ゴール』により紹介されました。この本に続き『チェンジ・ザ・ルール』『クリティカル・チェーン』『ザ・チョイス』『ザ・クリスタルボール』といった様々な著作が発表されました。

 1947 – 2011没 (博士の墓標に記されている言葉より)

「私は笑顔で指を数え始めます。1つ、人々は善良である。2つ、どのような対立も解消できる。3つ、最初はどんなに複雑に見えたとしても関係なく、あらゆる状況は極めてシンプルである。4つ、どのような状況であっても大幅に向上させることができる。制限するものはない。5つ、全ての人が充実した人生に辿り着ける。6つ、いつも必ずウィン・ウィンになる解決策が存在する。もっと、数え続けましょうか?」


当社会長ヤニフ・ディヌール(グローバル本社CEO)の個人的メモ

故ゴールドラット博士とヤニフ・ディヌール

エリは、師であり友人でした。エリの葬儀で、彼の家族から弔辞を述べて欲しいと依頼される栄誉に浴しました。エリが私にとってどのような存在であったか、弔辞の数行からご理解いただけると思います。「彼は哲学者であり発明家でした。エリと一緒に過ごした非常に貴重な時間の最中、まさにその時、その瞬間に生まれたアイデアや新しいプロセス、1分前までは存在すら全く知らなかった新しい洞察が生まれる場に立ち会ってきました。彼は同じ場所に留まりませんでした。常に更新し、進歩し、前進させ、彼に続くことに夢中にさせました。彼の面前で、弟子に対するエリの要求に対して私の脳は常にフル回転で、決して休むことができず、彼の思考速度で考えることを試みました。そして多くの場合、試みは失敗に終わりました・・・。エリ、私はあなたに最も近い生徒の一人になるという最高の特権と名誉を与えられるという、素晴らしい贈り物を授かりました。ほんの数日前にあなたと交わした最後の会話の最後の言葉で締めくくります。エリ、あなたへの感謝は言葉では伝えられません、行動によってのみです!私はあなたの道を歩み続けます。」